背中ニキビケアガイド > 背中ニキビの治し方 > 背中のブツブツの次は二の腕のブツブツが…!(T_T)

背中のブツブツの次は二の腕のブツブツが…!(T_T)


【気がついたらできてた?!謎のブツブツ】

af9970047543背中のニキビがやっと治ったと思ったら、今度はなんと…。
二の腕になんだか怪しいブツブツが…。二の腕のブツブツについて調べてみると。どうやらニキビじゃないようす。
確かにニキビだったら痛いし、こんな二の腕になんかできたら大変ですよ。

この謎のブツブツについて調べてみると、その正体は角質が詰まった毛穴(;´Д`)毛穴に汚れや皮脂が詰まって、
そのまま皮膚が覆いかぶさってしまったことによって固まってしまったんだそうです。

【二の腕のブツブツは、毛孔性角化症??】

実はこの二の腕のブツブツって、皮膚疾患の一つなんだそうです。
名前は、毛孔性角化症という名のもの。毛孔角化症、毛孔性苔癬とも呼ばれます。
皮膚科にみせると「30代ぐらいで治るよ」的なことを言ってくるそうです。
症状としては命や生活には関わらないので、実は美容皮膚科の領域になるんです。皮膚科から美容皮膚科を紹介してくれる場合もあります。
発症するのは10代の人が多く、50%とけっこう高めです。

【二の腕のブツブツを治すには】

どうにかして治したい二の腕のブツブツ。美容皮膚科での治療方法だと、ケミカルピーリング、レーザー治療などもありますが、保険適用外の治療のため費用がかかります。自分でできるだけ治そうとするならどうすれば治るのか、その治療法を調べてみました。

<その1>ピーリングをしてみる。

ピーリングというのは、古い角質を除去することによって
お肌に新しい皮膚を作るように促してキレイにするという方法です。
ピーリングというと痛そうなイメージがありますが、皮一枚むくほど痛いものではありません。
通常であれば、皮膚表面は綿棒でこすっただけでも角質が取れます。それが溜まっている状態を穏やかに緩和していくのがピーリングです。
ピーリングといえばスクラブですが、ジェルタイプで水分を与えながら、肌を傷つけずにケアするピーリングジェルもあります。
ただし、当然やりすぎは皮膚が荒れやすくなりますので、週1~2回を目安に行いましょう。

<その2>市販の薬用クリームで治す

薬用クリームで治すという方法もあります。
皮膚科治療でも、角質をやわらかくする薬が処方される場合もあります。
薬局やドラッグストアで手に入るものでは、ニノキュア、ザラプロ、フェルゼアレチノバイタルクリームの3つが代表格です。
いずれも角質をやわらかくする尿素が配合されており、血行促進し肌代謝を助けたり、炎症を抑える成分も入っています

薬用クリームは、たくさん出ていますが、その中でもおすすめなのは「ジュエルレイン」や「ピューレパール」がおすすめです。

どちらも人気で、ニオイが気になる人はピューレパール。別に気にしていなくて効果を求めているならジュエルレインがいいようです。
みずみずしくお肌をうるおすことによって、皮膚がやわらかくなるので、
古い角質も自然ととれていくのだとか。

<その3>水分と油分で保湿する

角栓が溜まりやすかったり、皮膚が薄くなりがちな、アトピー性皮膚炎を持っている人もなりやすい毛孔角化症、毛孔性苔癬。
まず肌の状態を良くしてあげるための基本である、保湿ケアも忘れてはいけません。
とくに乾燥気味なのにニキビが出来やすいタイプの人は、ピーリングばかりやってしまいがちです。皮脂の分泌を正常にするためにも、肌は保湿されてバリア機能を備えた状態でないといけません。
化粧水で水分を与えたあと、乳液やクリームでフタをするスキンケアもとりいれましょう。