背中ニキビケアガイド > 背中ニキビの原因 > 乾燥しているのに背中ニキビができるって本当?

乾燥しているのに背中ニキビができるって本当?


背中ニキビの中でも、かゆいニキビも存在します。
乾燥肌の方に多い現象ですが、背中に限らず、ニキビや吹き出物などができるときに、必ずかゆみを伴う場合があります。
にきび治療というと、殺菌や皮脂を取り除くことだと思われがちですが、肌質によってその対処法は異なります。
乾燥肌の場合、むやみににきび薬を使用すると、ものよっては、皮脂を吸い取りすぎていたり、殺菌力が強すぎたりして悪化してしまいます。
今回はそんな乾燥肌の背中ニキビの対処方法をお伝えします。

乾燥肌のニキビはかゆい

これは、普段から肌に水分が不足している状態で、普段からかゆいのだと思います。
乾燥肌というのは、肌を保護しているバリアが薄くなっていると言われています。
また、正常な肌状態でももともと皮脂の分泌が少ないため、バリア機能が弱い場合もあります。
特に外からの刺激に対して、敏感になっています。

足りないのは水分と皮脂

ニキビそのものが刺激になったり、ニキビが出来る前の皮脂がかゆみの原因になることもあります。
人間の皮膚は、水分が不足していると感じた時には、皮脂を多く分泌します。
これが、乾燥肌なのにニキビができる原因で、背中も同じようなことが起こっています。
背中の肌状態はあまり気にしない方も多いですが、実は顔同様に水分をきちんと補うことが必要な部位です。

いちばん乾燥する入浴後は保湿ケア

乾燥による背中ニキビ、かゆみを伴う場合には、きちんと保湿剤を塗って、肌バリアを確立しておくことが必要です。
とくに乾燥肌の方は、入浴後の肌はとても敏感です。夏でもボディーソープは保湿成分の入った低刺激のものを使いましょう。
真冬の最も乾燥する時期は、乾燥肌対策の入浴剤を使うのもいいですね。
お風呂あがりは肌がぬれた状態のまま、化粧水で水分を与え、乳液やクリームでフタをする保湿ケアをしましょう。
水分と油分の膜で日常的に肌バリアを強化することは、乾燥肌の改善に効果的です。

肌に直接触れるものは注意

普段の生活では、化学繊維のものやチクチクする素材の洋服は着ないことも、対策になります。
そうしたものが刺激になる事も考えられます。皮脂がなく、乾燥状態の皮膚はちょっとしたことも刺激になります。
刺激を感じると、ますます皮脂を多く出して、水分の代わりをしようとし、カサカサなのに、背中ニキビができる事になります。
もし顔の肌も乾燥肌という方は、特に気をつけてみてください。

必ず水分と油分での保湿を毎回行なうことをスキンケアの主軸にしてください。
木綿などの吸水性の素材の下着などを身に付けることに考慮してみてください。
かゆい時には、絶対に爪でひっかくことがないよう、肌に傷を付けないことも大切です。
乾燥肌だからこそ、背中ニキビができやすいのです。